【Twitterの反応】仮面ライダージオウ、4/14放送回に”仮面ライダーアギト”の津上翔一(賀集利樹)らが出演!【まとめ】


出展:https://twitter.com/toei_rider_ZIO

特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの最新作「仮面ライダージオウ」に、2001~02年に放送された「仮面ライダーアギト」で津上翔一(仮面ライダーアギト)を演じた賀集利樹さん、ヒロイン・風谷真魚を演じた秋山莉奈さん、警視庁が開発した仮面ライダーG3のオペレーターの一人である尾室隆弘を演じた柴田明良さんが出演することが7日、分かった。賀集さんらは14日放送の第31話、21日放送の第32話に出演する。

「仮面ライダージオウ」は、主人公・常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ、奥野壮さん)が、これまでの「平成仮面ライダー」シリーズの仮面ライダーの力を使って戦う。第31話は、突然警視庁のG3ユニット実験場のシーンから始まる。警察幹部を前に尾室(柴田さん)の指揮のもと、2体のG3がデモンストレーションを披露。尾室がG3の全国配備をアピールしているところに、突然アナザーアギトが現れ、G3に襲いかかり実験場は修羅場と化す。

一方、ニュースで事件を知ったソウゴらは、アナザーアギトの目的がG3ユニットであることを察知し、G3ユニットの演習場でアナザーアギトを迎撃する。その頃、フランスで料理の修行をしていた翔一(賀集さん)はG3が襲われたニュースを知り、真魚(秋山さん)が待つ日本に帰国する……という展開。アギトがフォームチェンジし、ジオウと共に戦うシーンもあるという。




Twitter上でファンは興奮!歓喜のツイート








おすすめ