【介護】高齢者施設等での死亡事故が年間1500人と厚生労働省初の全国調査で判明

厚生労働省は14日、全国の特別養護老人ホーム(特養)と老人保健施設(老健)で、2017年度の1年間に事故で死亡した入所者が少なくとも計1547人いたとの調査結果の速報値を公表した。これまで国は介護施設での事故の件数を把握しておらず、初の全国調査。都道府県別の内訳や詳細な内容は明らかにしていない。

介護施設から全国の市区町村に報告があった件数をまとめ、14日の有識者会議で示した。ただ、回収率は半分強にとどまる。報告の基準も明確化されておらず、施設によって報告するかどうかの判断にばらつきがあるため、実際にはもっと多いとみられる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000142-kyodonews-soci

コメントまとめ

・事故とひとくくりに件数出しても…

介護中や介助中の事故より
居室内で転倒される事故がほとんどです
身体拘束は実際どんな状態でも
したことはないですし
やはり転倒はされますから

施設入居者○○名のうち1500人と表示してほしいです。何パーセントの方が事故で亡くなられたか、事故がないように頑張っている方達の事も考えてほしい。
仕方ない部分もあるでしょう.そういうリスクを負った人達ばかり引き受けるんだから.
気になるのは、ここにない施設利用者の総数の推移、事故件数の推移、介護従事者数の推移も…比較対象が提示されてな数字が多いのか少ないのか、切り取り数字だけでは問題の判断が難しいと思うが…
施設の人員がギリギリだからでしょう
わかっているのに低賃金
政治家は自分の親だけが高額で手厚い施設に入っていれば満足なのですか
介護施設での事故と自宅介護での事故を比較しないと、この数字の意味は確認できない。
おそらくこの数字は、政府が、介護施設は危ないと、国民に思わせ、自宅介護を推進させ、介護に投入する税金を減らそうというための発表なのだろう。
自宅で見てても危険なんだから施設が危険みたいな話ではない。施設であったからわかるだけだろ。
どういう意図での調査、公表なのか不明だけど、もともと相当の注意を払わなければ命の危険がある高齢の要介護者なので、あまり予断をもって議論をしてあげないでほしい。
現場が報われるためのいい意味での調査であればよい。
事故はすべて施設のせい、のようにみえる。一人で生活できない高齢者なのだから、どれだけ対処しても、避けられない事もあるでしょう。
少ないと思うのであれば、厚労省の施策の成功。多いのであれば失敗。
数値出すなら見解も出せ。母数もわからない国民は判断できない。
おそらく数100万分の1500人。

施設に責任があるような記事は気に食わない。




なぜ詳細を明らかにしないのか。今、厚生労働省は他の案件でバッシングにあっている。目をそらすための発表か。
仮にこの数字が増えるにしても
単純に高齢化が進んでいるというだけというバイアスが含まれるので
そこの影響を除去しないと、この数字だけが一人歩きになります
元々が終末施設。少ない方がおかしい。
人間はいつかは何処かで死ぬ。
施設に防犯カメラの設置義務化するしかないでしょう。利用者、施設側、お互いの為にも。
事故のうち人手不足によるものも多いのではないでしょうか?スタッフの待遇改善できるための案を国から発信した方がいいと思う。
介護度が高い高齢者が入る施設でも、拘束は禁止。
特養の入居なんて、徘徊が優先順位1位という話。
それか寝たきり高齢者。
事故が起きない方がおかしいと思う。
調査結果をどういう視点でよむのか。よまれるのか。また、高齢者の入所施設は他にもありますから標本調査の有意抽出した事業種別の選定理由と根拠についても興味があります。
特養と老健のだけの調査。このような調査をするのであれば、有料系や他の介護施設を含めた全体的な調査をし内容を精査し結果を出すべき。一般の方からしたら特養や老健の介護の質が悪く捉えてしまう。様々な事故内容、死亡事案もある。数字では分からない施設側、働く職員の苦労等は反映されていない。生きている命は千差万別、事故件数だけでは何も分からない。厚労省は他にやることがあるのでは?
有料やデイなどを含めば、もっとでしょうね。
どんだけ頑張っても施設での事故をゼロにすることはできない。
もっと減らしてというならもっと労働環境をよくしてもらわないと




じゃあもう文句あるなら厚生労働省や家族がやれよ。
どんだけ頑張ったって事故は起こるし人は死ぬ。しかも、介護側がどれだけ気を付けて気を張っていても、本人の突拍子もない行動で起きるんだよ。
攻められるのは現場。
結果介護士は減っていくんだよ。
リスク高すぎ。
綺麗事を言う人ほど現場に出てない。
ほんとに介護は崩壊する。
・家で介護していても事故は起きるからね。

施設で事故が起きれば賠償請求できるってね…
超高齢者は正直移動させるだけでも骨折するし。

介護の施設での介護による死亡事故が年間1500人と聞けば、親はもちろん自分だって怖くて施設にお世話になろうとは思いません。介護による死亡事故と一括りではなく、どういう状況での死亡事故なのかの状況別のデータを公表して欲しい。
特養、老健の事故というと介護ミスと結びつけ易いから、この数値の扱いは慎重にしないといけません。それでなくても低賃金で神経をすり減らして介護されている方が沢山おられるのですから、やる気を削ぐ様な事は避けて頂きたい。
自宅で家族が面倒看させたらいい
事故の件数を把握するための結果でしょう。
多いとか少ないとかは、分からないでしょう?
介護施設での対応が良くないとか思われるのは、不快です。
怪我や事故を防ぐ努力は、しています。転倒などは、動けるのに制限は出来ません。
高齢者の介護は、本当に難しい仕事です。
事故って言葉悪いですね

入居者の定数を半分にすれば「事故」も半分になると思いますがどうでしょう

いつだって役人は現場を知らず、書類だけ見て上から目線です

いや、これまで介護施設での事故件数を厚労省が把握していなかったという事実に一番驚愕したんですけど…
この数字が多いのかどうかは分からないけど介護する人の人材不足と介護を必要とする人の増大で事故は増え続けるだろうな。
人を集める為の賃金の改善も必要だが現場の人のストレスケアをしっかりしてあげて欲しい。
おすすめ