体操協会、宮川紗江選手パワハラ問題で池谷幸雄氏に厳重注意「風説を流布」→これも明らかなパワハラ

日本体操協会は9日、都内で理事会を開催した。リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=を巡る塚原光男副会長(71)、塚原千恵子女子強化本部長(71)のパワハラ問題に関して、一連の騒動の問題点を検証する特別調査委員会が報告書を提出し、理事会が承認。問題に関わった各人への懲戒処分は見送った上で、宮川に反省文提出を求めるほか、塚原夫妻に謝罪を求めるなどの対応を決めた。

一連の問題を調査していた第三者委員会は昨年12月、塚原夫妻による宮川へのパワハラを認定せず、日本協会は夫妻を復職させることを決定していた。その上で、特別調査委員会がこの日、調査の結果、各人が協会の規定に違反や抵触があったかどうかを報告した。

宮川については「選手とコーチを引き離そうとしている」と、決定的な証拠もなく塚原強化本部長の関与を訴えたことなどについて、倫理規定に抵触すると判断し、反省文の提出を提案。すでに宮川からは自主的に提出されているという。塚原夫妻には謝罪や、任期満了による役職の退任を求める。

また、具志堅幸司副会長(62)は「18歳の少女がうそをつくとは思えない」などと公正に欠く発言があったとして厳重注意(顛末書と謝罪文提出)、池谷幸雄氏(48)に対しても「風説を流布した」として、厳重注意(誓約書)を決めた。

池谷氏は昨年出演したテレビ番組で、宮川がコーチから暴力行為を受けていると告発した内部告発者について「千恵子先生としか思えない」と号泣しながら訴え、塚原夫妻を「永久追放」などと語った。しかし、その後、「申し訳ありません。僕が言う立場ではありませんでした」などと謝罪していた。

協会側は、池谷氏のテレビ番組での発言について「正確性に欠ける疑いがあるものや推測であろう発言があり、風説を流布し本会の信用を失し、塚原夫妻を批判・中傷した行為に該当する疑いがある」とし、登録会員として倫理規定に抵触すると認定。誓約書の提出を求めることを決めた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000132-dal-spo

コメントまとめ

やっぱ力がある組織は最後まで力でねじ伏せるんだな
日大のアメフトといい体操協会といい、選手の勘違いだったってこと?
指示命令される側の選手たちを守る機構なり組織が客観的に裁定しないと。
スポーツ庁も下部団体を統括する最大の目的として選手たちを守る前提で各団体を指導しないと。
協会はそんなに塚原夫妻が大事なのか?問題がうやむやのままで提供した人間だけが罰せられるのはどうかと思う。これでは次が育たない。
パワハラは事実だと思います。
体操協会は一体何を考えているのか分からん。
塚原夫婦のパワハラが事実だという事を。
協会がこれをやったら、自分達が批難を受けることが分からないのか。みんなが忘れた時に協会自らが再爆発させてしまった。協会の驕り以外にない。
パワハラが無かったとなったらこれだよ。
塚原夫妻は協会を辞めたと思うんだけど、まだまだ影響力は大きい。
世間は当然塚原夫妻が何か指示を出したと思うわな。
協会もほとぼりが冷めたと思ったんだろうか?
真相は分かりませんが、パワーゲームで問題をうやむやにされたという印象を持ちました。
若い選手が勇気を出して、問題提起した事を、このような形で抑え込んだという事実があるならば、その悪しき体質はずっと変わらないし、選手達のモチベーションも下がって、日本の体操界が衰退してしまうのではないかと心配になります。
これも明らかなパワハラだな
風通しの悪い業界だということがよく分かりました。
もし今後パワハラをされた選手がいても、こんな前例があってはだれも声を上げることは難しいのではないのでしょうか。
良い選手を育てるためには、選手にとって練習しやすく、選手第一の環境が大切だと思いますので、このニュースには疑問ばかりです。




第三者委が被害者側を擁護できたケースはほとんどないし、まぁいつも通りかなって結果。
加害者側の息がかかってる第三者委が加害者側に不利な証言を提示するわけないしね。
結局、弱い立場の者が物言えないようになっていく。
反省文や誓約書ってあり得ないでしょ?
第三者委員会には認められなかった(協会が手配したから厳密には第三者ではない)けど選手が怖い思いをした時点、パワハラと感じた時点でパワハラだと思うけど。
その程度に大小あるとは思うから、そこは精査する必要があるとは思うけど、反省文はあり得ない。
体操協会の会員の一人として、個人的には池谷さんの言った永久追放に賛成していたのですが。
少なくとも、そうした意見を持っている協会員が若干数でも居ることを体操協会は認識してほしいもんです。
この処分こそがパワハラ。
それに気がついていない協会に対して残念としかない。
この問題なんかおかしい。だって宮川さんの気持ちを考えると、「若い女性が雲の上の人を訴えるって余程の事がないとしないと思うし、かなり勇気のいる事だと思うから確信があったと思う。
逆に団体のトップの意見は間違った意見を言っても「誰からも注意されない」縦割り社会の悪習があり、事実が曲げられる可能性がある。
権力を乱用した夫婦であるのは間違いない。
協会がパワハラ認定しなかった。。。のを、協会の言い分に正当性があるとして、関係者の処分は譲るとしても、選手本人に反省文を求めるというのはどうなのか?少なからず本人が不安や不満を抱えていたことは事実。
 こんな処分認めたら、何かあっても選手が告発しにくくなると思う。それが狙いなんだろうけど。。。

 体操協会終わってる。。。

体操協会に関わってる人間がパワハラ間違いないと語ってるのに、この結果は不自然だ。ニュースを見ていてもパワハラ確定なのに、何か底が見えない闇があるに間違いない。偏見かもしれなが、あの夫婦を見てるとパワハラしてるんだろうなと思う人は多いんじゃないかな、この結果だと協会自体変えないと今、本気で頑張ってる選手が可哀想すぎる。
今後他の人が助けを求めるのも難しくなるし
助けてあげようとするのも難しくなる。
本当に今後を考えるなら、あれはパワハラじゃないんだってさ!で終わらせないと。
罰を与えてどうする。
やっぱりパワハラだったって証明しちゃったかな?
どちらが正しいのか、なぜそのように判断したのかの根拠が示されないと、世間は力でねじ伏せたようにしか受け取れないと思います。
調査したというなら、どのような調査が行われたのかから公開しないと説得力に欠けると思いますが難しいのでしょうかね?
選手が「コーチと引き離された」と感じている時点で対応のどこかに説明不足や間違いがあった様に思います。決定的な証拠と言うが、例えばどういった物が証拠となりうるのか?選手側が証拠を出すのは難しく、むしろ、パワハラは無かったと協会や塚原夫妻が証拠を出し証明すべきかと思います。選手という一番大切にすべき、そして一番の弱者を守ろうとした池谷氏も攻撃の的にされ、訴えた本人の反省文も理解できず、何も解決しないまま後味の悪い形になった気がする。これではスポーツ界のパワハラはなくなりません。




今回の件は宮川選手がどう思うかであって、彼女の選手としての可能性を伸ばすことが一番であって、まわりはどうでも良い。個人の意見に謝罪を求めることも愚かだし、そう思われたことを改善すればいいの話。逆に」塚原夫妻が怒っているのなら、図星を突かれているとマスコミ的には判断するね。また第三者委員会は皆を説得するのには明らかに乏しい。であれば、結論を急ぐ必要もない。沈静化すれば問題ない話だから。
・疑わしいから第三者委員会が動いた。でも十分な証拠がなく認定にはならなかった。


誰も塚原夫妻の潔白なんて証明してないよ?疑わしいけど証拠がないから認定はやめときますというだけ。なぜ謝罪だの反省文だのという話になってるのか意味不明。

池谷のテレビでのコメントの細かい変化を見てても、意を決して発言したと思える
自分の発言で自分が教えている子供たちに影響が出るのを心配していた
協会のこの処分を見ると権力側に問題があっても告発する者が居なくなる
組織の浄化も何も出来ない

これまで沈黙をしてた池谷氏や森末氏や体操関係者がこの問題で協会の在りかたを批判してたのは事実だし、 今回の問題が宮川選手サイドの誤解だったとしても協会の体質を批判した池谷氏が間違ってるとは思えない。
協会に弓引くような発言をした人物に制裁をしてるとしか思えないこの処分自体が体操に関係してる人を萎縮させるパワハラだと思う。
そもそもパワハラを立証するってできないんじゃないですかね。本人の感じ方の部分もある。第三者委員会がパワハラがなかったという結論はパワハラを立証できる十分な証拠がないからじゃないかな?
何か今後こう言った事があった時のためにもなにか基準じゃないですけどあってもいいのかなと思います。
塚原夫妻は暴力コーチから引き離そうとしたならば、単純なパワハラでもないと思う。宮川選手のためを思っていた面もあると思う。仮にそうだったとしても、関与した人は皆やり方が下手くそだったと思う。それぞれもう少し柔軟に対処すれば、コーチの暴力問題や塚原夫妻のパワハラ問題は大きくならなかったと思う。
協会に違和感を感じる。

池谷は軽くて調子に乗りやすいから嫌いだけど、この件に関しては長い間 塚原夫妻を見てきてきっと他の指導者達とも同じような思いで話が出てた事だと思う。

具志堅さんにまで注意なんてね。。。
協会の人はきっと、塚原夫妻のイエスマン達でいい思いをしてきたんだと思う。

パワハラは受けた側の感じ方であって、本当にパワハラだったのかどうかの判断にパワハラした側の主張は関係ない。今回、最終的に宮川選手の感じ方がオーバーだったと判断されたのだろうが、本人がパワハラされたと思っているのは事実なので、反省文を提出する意味が分からない。
プロの競技組織なら、反協会(塚原)派一斉離脱→新団体設立なんてのも選択の一つだけど、アマチュアの組織では厳しいよなぁ。 こんなんでは体操界おそらく凋落していくだろうね。
塚原夫婦にはがっかりだ。こういう状況でわかるように、選手ではなく自分を守ろうとしてる。以前他の選手にもトラブルがあったのを見かねて宮川選手が勇気をもって告白し、体操協会の改善を強く希望したのに結果はこれですか、、。
おすすめ