米スポーツサイト「ジ・アスレチック」は5日(日本時間6日)、マリナーズの開幕メンバー25人と各選手の成績を予想。先発ローテーションの柱として期待されるメジャー1年目の菊池雄星投手(27)の成績を9勝8敗、防御率4・60とした。

同サイトでは過去4年の数値や傾向などから算出するZiPSを使って各選手のシーズンの成績を予想。菊池の9勝は先発陣のゴンザレス、リーク、ヘルナンデスと並ぶチーム最多だった。

寸評では、球団がけがや疲労蓄積を防ぐために登板数や投球回数を工夫する方針を打ち出していることから「不安なく1年目のシーズンに入っていけるだろう」とし、「スライダーは左右どちらの打者に対しても真の武器であり、直球は生命線だ。どんな2019年になるのか興味深い」と続けた。

また、同サイトは米国開幕戦となる3月28日のレッドソックス戦の登録選手25人も予想。マイナー契約で招待選手としてメジャーキャンプに参加するイチロー外野手に関しては、登録メンバーが28人に拡張される3月20、21日の日本での開幕2試合にはベンチ入りするとしたが、その後の外野手はブルース、サンタナ、ハニガー、スミスの4人を選出。「フランチャイズのレジェンドを見る機会はあまりない。ディポトGMは2019年以降は若手に託すと繰り返し言っている。イチローは昨年10月で45歳になっている」と説明した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000081-dal-spo

ネットの反応まとめ

怪我離脱なければ妥当な予想だと思いますが、中4日にどこまで耐えられるかが一番の課題かな。

 

良い線だね。
俺は11勝9敗4.25くらいとは思っていたけど。
菊池は気持ちが整っていればフォームも安定するしあまり負けることは無いとは思うけど、1年目11勝9敗くらいしてくれたら彼のためにも良いと思い期待を込めての数字。最初ダメだとそのままつまづくことはよくある事だからとにかくファーストシーズンが大事。

 

まず1年通して故障せずローテ守れれば数字なんて二の次
メジャーはそこまで甘くないかもしれんが

 

9勝はかなりリップ含んだ予想だと思う。ヘルナンデスと並ぶとか恐れ多い。マリナーズは昨シーズンよりチーム力が落ちそうなので、10勝いったら間違いなくエース格だよ。

 

菊池はコンディション良い時は素晴らしいピッチャーだけど、メジャーでケガなくシーズン投げきれると思えない。
すぐにトミージョンの仲間入りしそうな気がしてならない

 

あの石井一久でさえ日本ほどの圧倒的な成績は残せなかった。

菊池でこの成績はかなり甘めだと思う。

 

うまく一巡騙せても5~6勝くらいだと思う。以前よりもコントロールは良くなったが三振獲れる球がないのは苦しい。

 

冷静な判断だ。
7,8勝が良いとこだと思う。
ノーコン投手は米国で成功しない。

 

二桁勝てないけど、ほどほど投げてくれるかもとの期待込みの数値かな

結果も必要だけどまず1年ケガなく過ごしてほしい!メジャーで!!

 

妥当だお思うけど。
自分の予想は5勝10敗かな?防御率はこまめにはいけないけど4点台だと思う




登板試合が問題。20試合の登板でその数字ならいいけど、27~30試合での結果なら、試合を作れなかった試合も多かったということ。

 

本当にこの成績に近いと20試合ほど投げることになる。

ということはローテに入ってるはずなので勝ち星先行なら十分チームに貢献していることになる。

頑張って欲しい。

 

めっちゃありそうで妥当な数字w
裏を返せばメジャ―初年度から10勝近くを狙える期待はされてるってことか(^_^)
球もローテも移動距離も違うからまずは年間通して大きな故障せず1年を投げぬいてほしい!

 

シーズン終盤までに怪我をしなければいい線かな。
実際は怪我で3勝2敗ぐらいで終わる可能性もあるかも

 

西武ファンです。
菊池は先ず1年間通して投げられるか?がポイントだと思います。
1年間投げられれば、9勝~11勝は出来ると思いますが、体調不良やけがをしたら、、5勝ぐらいで終わるかもですね。
奥さんの力次第かと思います。

 

制球力を高められれば、もっと上を目指せると思う。

本格派左腕は、石井一久を例にとっても、メジャーでは貴重な戦力。
普通に通用すると思う。

 

最近の日本人で思うのは1年間、体が何事も無くいられることの方が少ない。
9勝8敗もするほどマウンドに立てれたら素晴らしいことだ。

 

防御率4点を切れば、アリーグで防御率ランキング20位以内に入るだろうから、それくらいは頑張って欲しいな。でも今年は怪我をせずに1年間ローテを守っても25先発前後に制限されそうだから、規定投球回数には届かないかもね。

 

中4日で起用されるでしょ
おそらく
9勝はできないと思う
最初の数試合で勝ち運に恵まれオールスターまでに5〜6勝てれば二桁はいくが
メジャーの打者を甘くみちゃ井川のようになっちゃう可能性大あり

 

予想通りかもしれないけど。

日本人投手って、2年目以降よりも1年目は防御率1点くらい良いからね。
防御率は1年目はもう少しはよいかもね。

ダルビッシュ投手は例外で逆に2年目の方がよかったみたいだけど。



実際は分からんけど、見返してやってほしいね。

イチローはここが引退試合になる可能性も高いやろうし
本人も覚悟はしてるかもしれないね。
せめて1年頑張って欲しいけど・・・

 

ヤンキースと契約した井川の二の舞いにならないか心配。しっかり練習をして休みを大事にして結果を残してほしい

 

もし、1年目でこれだけ勝てれば十分でしょうね。

日本では速球で押していくスタイルでしたが、松坂や田中やダルビッシュがそうだったように、向こうでは速球を見せ球にして、スライダーやカーブやスプリットを多投していくスタイルに変わっていくでしょうね。
特にスプリットは、米の打者に非常に有効と言われていますね。
(野茂や佐々木や大谷は、殆どこれで抑えていました)

 

まぁ二桁勝利は厳しいでしょうね。
まずは1年目なのでこの数値を目安に頑張っていけば良いと思います。

 

それより怪我の状態は大丈夫なのか?故障になりやすいメジャーのマウンドでどれだけ投げられるかも焦点になるのでは。精神的にもそこまで強いわけではないだろうから、いったん結果が悪くなると、そこからがくっと下がって終わってしまう可能性あるだろうから、コンディションの管理も徹底的にすべきでは。

 

雄星は手を抜く時と力を入れる時の差が大き過ぎるので、防御率はもっと悪くなる可能性がある。
MLBの多くのチームは、冗談抜きで何処からホームランが出るか分からない感じの打線になってるので、ピンチになった時のみギアを上げる的な、日本でやってた手抜きスタイルてをやってると、大炎上するってパターンが多くなると思う。

 

雄星は球数が多い投手。防御率というよりは、100球で何イニング投げられるかが課題だと思います。例えば、5回途中3失点で100球を超えて降板という可能性があり得るということです。先ずは投げ損じのボール球を減らすこと。加えて、日本ではあまり投げなかったスプリット系の球を投げることが出来ればシーズン通してローテーションを守れるでしょう。進化した雄星がメジャーで活躍する姿を見たいです。頑張ってください。

 

日本での、実績を考えれば妥当な数字。
あとは夢にまでみたメジャーの舞台で大きく飛躍を遂げるか⁈どうか。
正直、日本の時のままならメジャーでは難しい。
スライダーを含めた変化球を磨かないと。

 

菊池にとって厳しいのはチームがレギュラー選手をかなり売り払ってしまったという事。
そのマリナーズで勝ち越し予想は評価されてると言ってもいいのかもしれないが、実際はもっと厳しいシーズンになるだろう

 

いいセンで、これを超えたらすごいと考えればいい。
投球数を制限するかもしれないし、今シーズンマリナーズの打撃には期待できないので、10勝できたらエースでしょう。
おすすめ